長谷部がピッチにいればチームを落ち着かせることができたはずだ。

28日に2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選でタイ代表と対戦した日本代表は、香川真司や久保裕也の活躍で4-0の勝利を収めた。得点差だけを聞くと快勝のように思えるが、タイにもPKを含め数多くのチャンスを作られてしまうなど、すっきりしない試合内容だった。

長谷部は最近少し衰えてきたと思ったけど、いなくなったら存在の大きさに気づいた。結局最後まで残る1番の問題はこれになりそう気がする‥
そもそもハリルはポゼッションサッカーをやろうとしてないでしょ遅攻だと本田や遠藤が有効なんだろうけど、今の代表にはそこまで必要とされてないかと勿論安易なパスミスは減らさなくちゃいけないし、今後の課題だと思うけどしかし長谷部がボランチにいないと、こんなに不安定になるんだなぁ本田ではもう遅い両サイドバックのW酒井はパスミス多いわぁ!!俺が監督だったら使わない。
そうは思っても、監督が求めていないのだから仕方ない。そりゃ、ヤッサンや中村憲剛いればなって思うよ。年齢ではないと言って今ちゃん召集したけどさ〜やっぱり年齢なんじゃね?それなら柴崎や柏木に頑張ってもらうしかないのかな。以前マンUで失敗したけど香川ボランチってどうなん?高徳じゃ安心してボール預けられない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ