日本に本物の翼がいた」と紹介されている。

 U-20日本代表FW久保建英(FC東京U-18)は、15日のJ3リーグ第5節セレッソ大阪U-23戦で公式戦初ゴール、そしてJリーグ史上最年少ゴールを記録し、各国メディアで報じられている。クロアチアメディア「24サタ」では、日本の人気サッカー漫画「キャプテン翼」などの漫画キャラクターになぞらえ、「漫画が現実に!

ヒデ、シュンスケ、カズとあったが…本田がない…で、Jリーグ最年少ゴールのあいつは今なにしてんだと言うことはいつか、リアル岬くんが出てくればツインシュートが見れるわけだな
早くスペインに帰らないとハンカチ王子とマーくんぐらいの差が出てしまう!!ぬるま湯サッカーすぎるからね!J3だと!15歳で世界のメディアに取り上げられてるのは凄いなぜかわからんけど、この子にアンチがいるのねいい大人がやめなさいよ
早くスペインに帰って、本場のサッカーで揉まれてほしい。このままだとマーくんとハンカチ王子並みに差が出るよ!世界の久保と呼ばれる日を楽しみにしています!顔がどうだのコメントあるが、サッカーには関係ない。まあラテン系のサッカー上手そうな顔しているとは思うが(笑)顔は、ベトナム系だな!イケメンだよ。
「本物の翼」ではないけどなw森本も当時はこんな印象だった、もう少し上なら平山とか。プレッシャーに潰されないようにしてほしいですね

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ