女子生徒は吹奏楽部に所属、打楽器部門を務めていた。

 埼玉県川口市立中の女子生徒(14)が歩道橋から飛び降りて死亡した問題で、女子生徒が今年1月「部活をやめたい」などと部活の顧問や担任教諭に相談していたことが8日、市教委の調査で分かった。同じ時期、母親も校内の教育相談室に「娘が人間関係で悩んでいるようだ」と相談していたという。

生きる道を選んで欲しかった死を選択するぐらい本人は追い詰められてたんだと思うと可哀想で仕方がありません。中高生の人間関係って本当に複雑で自分の居場所欲しさに平気で人を傷付けますからね。
女子の人間関係はホントきつい。女子って4歳位から既に生意気だからね。
中学生の部活動って大人になって思い出すと バカみたいに上下関係が厳しくて、私も部活動が嫌になって辞めたことある。部活動に入ってないと内申書の評価が下がるとか気にしてたんだけど 今となっては悩んでたことがちっぽけで…。生きてて欲しかったなぁ。親は悲しい、悔しいでたまらないでしょう。何で死を選ぶの?って。14年大切に育ててきたのに・・埼玉は問題生徒リスト早く作った方が良いよ。被害者が可哀想だ。
中学生の人間関係で死んでたら、社会人は命がいくつあっても足りない。学校に行かなくても義務教育が完了できるようにすべきだと思います。無駄な集団行動があるからいけない。教師もあてにならない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ